タニワキ日記

情報通信技術(ICT)関連のコラムです。記事は筆者の個人的見解です。

週刊タニワキ(6月21日)

14日(月)、朝は定例の会議。途中で抜け出してICT戦略本部の企画委員会。ICT戦略の工程表がまとまる。午後、新成長戦略の関係であちこちを調整、説明。その他、白書関連、グローバル展開体制のプロジェクト等の打ち合せ。夜は赤坂にて男4人でロック談義に花が咲く。四人囃子のファースト、良かったぁ。

15日(火)、本日は世界ICTサミットの特別セッションのモデレータということで、珍しく朝から落ち着かない。セッションの進め方のメモを作ったりする。その他、午前は新成長戦略関連の作業。午後、会場の日経ホールに到着。バービーア米国国務省大使、ペルー駐日大使ら、パネリストの皆さんと討論の進め方について意識合わせ。1時45分からパネル討論。皆さん、良い発言。しかも時間を守って発言していただけるので、進めやすい。当初は広くデジタルディバイドやICTの利活用を取り上げるつもりだったが、うまくクラウドを中心とした議論になり、twitterの質問なども交えて時間内に終えることができた。戻って、新成長戦略関連の打ち合せなど。夜、まっすぐ帰宅。キュウリと明太子の酢の物(これ簡単に作れて美味しいです)。アジのタタキなど。

16日(水)、朝9時から定例の会議。10時過ぎに来客。クラウド関連。11時に別の来客。午後、グローバル展開などについて打ち合せ。続いて税制の打ち合せ。さらに、新成長戦略の打ち合せ。夜、東京タワーの近くで原口大臣と国務省バービーア大使の会食に同席。インターネットエコノミーに関する日米政策対話を開始することで合意。ようやく。帰路、近くのお店でちょっとだけ飲んで帰る。

17日(木)、午前中は新成長戦略関連のフォロー、internet freedomに関する文献の整理など。午後、慶應三田キャンパスにて、ACCJと慶応大学の共催によるインターネットエコノミーに関するカンファレンスにパネリストの一人として参加。面白かった。おそらくパネリストに問題提起方の皆さんが多かったことと、金先生の進行が素晴らしかったことの2つの要素があるかと。そのまま大手町の勉強会になだれ込むつもりが、不規則な事態が発生したので職場に戻る。事態を見極めて、そのまま自宅に。肉団子、シメサバなど。アルゼンチン対韓国をみる。

18日(金)、新成長戦略の閣議決定。本日は年休。朝の定例会議の後、羽田に向かう。高松まで空路。午後、高松市内で講演。皆さん、熱心に聞いていただいた。凄い雨の中、高松駅へ。そのまま電車で松山の実家に向かう。母親はさらに歳とってしまっている。

19日(土)、朝、父親の墓参りをした後、フェリーで松山から呉へ。港すぐそばの「大和ミュージアム」。なかなか力の入った展示だった。電車で広島へ。駅から歩いてズームズームスタジアムへ。先発は前田健太!最高。初回からいきなり1点。その後、試合が動かず。6回裏、円陣を組むナイン。そこから3本塁打でいっきに決める。最高の展開。代打前田も登場。今回は1塁側の内野指定をとったので、目の前で前健が例の柔軟体操をしてウォーミングアップするのを間近で見られた。試合後のインタビューで前健が「夜はしっかりサッカー日本代表を応援しよう」といって球場大爆笑。それにしても暑くて、日焼けしてしまった。いったんホテルに荷物を置いた後、twitterで教えていただいたお好み焼き屋さんに。すごく良かった。ホテルで大浴場につかった後、ワールドカップ。良い試合だった。

20日(日)、広島市内をジョギング。川沿いに平和祈年講演から原爆ドームあたりまで。6km40分。朝風呂に入り、ホテルの朝食をとった後、広島駅で新幹線を待つ間、カープグッズを購入。新幹線の中で読書。佐々木俊尚さんの「電子書籍の衝撃」。後半、湊かなえの「告白」が止まらず、中央線、自宅まで読み続ける。傑作だ。夜、冷蔵庫のありあわせで、里芋と竹の子の煮もの、シーフード野菜炒めを作る。