タニワキ日記

情報通信技術(ICT)関連のコラムです。記事は筆者の個人的見解です。

週刊タニワキ(9月21日)

13日(月)、朝9時過ぎの羽田発のフライトでソウルへ。機中、有川浩阪急電車」読了。11時半頃金浦空港に到着。大使館そばの「豚肉直火」の店で昼食。レタスを敷き詰めたボウルにご飯をいれ、その上に直火焼きの豚肉をのっけて混ぜる。韓国海苔もかけて一気に食べる。うまい。食事の後、大使館にて打ち合せ。午後2時半から日韓クラウド政策対話。2時間の予定が大幅に延びて3時間の協議。韓国も3省庁あるので、なかなか調整が大変なようだ。ホテルへの帰路、渋滞で1時間ちかくかかる。徒歩で近くの「元祖」と看板に書いてある焼肉屋ビーフの焼き肉。焼酎、マッコリなど。

14日(火)、ソウルのホテルにて、部屋のある4階から朝食会場の2階に降りようと非常階段を降りたら、どうも非常階段の内側からは扉が開かない仕組みだったようで焦る。閉じ込められたか。右往左往して1階だけはドアが開く事に気づく。荷物の搬入口から脱出。朝食の後、インターコンチネンタルホテルにて「クラウド2010」と題するカンファレンスに出席。日本の「スマートクラウド戦略」について約30分プレゼン。昼まで韓国のクラウド政策の展開についてプレゼンを聞く。知識情報部の人のプレゼンで「アメリカにはクラウド政策がない」と言っていたのが面白かった。昼、関係者の昼食会。韓国は共働きが増えていることなどもあり、出生率が1.1と低いそうだ。このため、テレワーク(彼らはスマートワークと呼ぶ)の推進に力を入れているが、なかなかうまく進まないということだった。日本と似ている。午後、市内から金浦空港に向かう。搭乗口付近でソウル大学の学生が観光に関するアンケート調査をやっている。協力。空港の無料WiFiが便利。iPadで作業。アシアナ空港のA-330に搭乗。液晶の画面がタッチパネルになっているのに驚く。スチュワーデスに「白ワインください」というと、「しろ、ん、なんですか?ビールならあります。」と缶ビールが置かれた。午後6時頃に羽田着。

15日(水)、朝9時から大手町にて打ち合せ。戻って打ち合せ。来客数件。明日の講演の資料を確認。午後、タバコ業界の方と雑談。タバコ料金って認可制とは知らなかった。しかも、認可条件が存在しないのだとか。その他、来客数件。何となく動きが止まっている感じがある。夜、赤坂の融合研の懇親会に出席。遅くまで。電車に間に合うように急いで帰る。

16日(木)、羽田から札幌に向かう。札幌駅近くでラーメン。会場へ。「次世代ブロードバンド政策」と題して1時間プレゼン。その後、パネル討論1時間。終わって懇親会に出席。お先に失礼して、新千歳空港へ。空港内の居酒屋で寿司、地ビール、地酒。羽田到着が午後10時半過ぎ。中野到着は午前0時過ぎ。疲れた。

17日(金)、午前はたまった書類などに目を通す。午後、タスクフォース第三部会の作業チーム。1時間半近く最終取りまとめについての議論をいただく。新大臣も決まったようだ。午後は雑用あれこれ。夜、新宿にてtwitterで知り合ったプログレファンの皆さんとオフ会。大変楽しい時間だった。

18日(土)、朝から高田郁「今朝の春」読了。昼、カミサンを「がってん寿司」に連れて行く。午後も読書。夜、マーボナスとさんまの塩焼き。

19日(日)、朝はざるソバ。午前中はperfumeのPVなどをチェック。午後、ヨメサンと八王子のポーランド美術展に。バスが凄く混んでいる。常設展の所蔵作品はなかなか見事。会場内ザワザワしていて、「静かにご覧ください」の看板を持ったスタッフがあちこちに立っていた。帰路、中野の囲炉裏焼「四文字屋」で食事。炭火焼の魚、うまし。電波時計の時刻が狂っているのを発見。直すのに1時間近く悪戦苦闘。

20日(祝)、朝は焼きそばを作る。昼、鷺宮のプールで1kmほど泳ぐ。午後はPink Floydを聴きながら読書三昧。夜、銀ダラ粕漬け、チンジャオロースー、大根とナスの煮物、マグロとアボガドのサラダを作る。夏の間の疲れと出張の疲れが一気に出てきて、この3日間でかなり回復することができた。