タニワキ日記

情報通信技術(ICT)関連のコラムです。記事は筆者の個人的見解です。

週刊タニワキ(3月14日)

地震に負けないで頑張りましょう。

被災地の皆さんに協力できることは最大限実行したいと思います。
そして、日常していることはできるだけ淡々と平常心で続けたい。
ブログも続けます。

7日(月)、朝10時間前から審議会関係の打ち合せ。課内の打ち合せ。局全体の会議と続く。おお、雪が降り出した。午後、東大にてアンビエント研究会。クラウドについてプレゼン。雪は早くも雨にかわっている。夕刻、来客。夜、知人とうどんすきを食いに行く。

8日(火)、10時からIT本部関連の打ち合せ。11時から審議会関連の打ち合せ。小さな打ち合せ数件の後、14時から世界経済フォーラム事務局来訪。新プロジェクトに協力していくことに。15時に王子二丁目プロジェクトの打ち合せ。その後も来客数件。打ち合せが多くて、一日中しゃべっている感じなので、珍しく疲れを感じた。夜、新宿にて古くからの知人を交えて会食。

9日(水)、定例の会議がないので何となくゆったり。午前は会議があったが、急遽、ある資料を全面見直しすることとしたため、そちらに掛かり切りに。午後2時からICT地域活性化懇談会の公開コンファレンス。テーマは農林水産業。農業関係者、大学、ベンダー、通信キャリアなどの皆さんが一同に会しての議論はおそらく初めて。幅の広い興味深い議論になった。細かい打ち合せを何件か。幹部説明1件。終わって新橋にてプレゼン1時間ちょっと。質疑応答。終わって、懇親会を約1時間。ビールと乾きもので。若い人たちと意見交換。

10日(木)、朝7時に出勤して2時間ほど仕事した後、羽田へ。10時半の飛行機で松山に向かう。道後の結婚式場が会場。ここで昼食をとり、午後2時から1時間講演。その後、市内のスマートハウス関連の実証実験を視察にいく。実際に居住しているお宅にてコンセントごとの電力消費量、水道、ガスの使用量を把握している。この「見える化」は大変有益。奥様も「電力を節約するようになりました」とのこと。この新しくできた団地はエコを売り物にしていて、全戸ソーラーパネル設置、EVカーシェアリング(無料)など。視察を終わってホテルに戻って懇親会に1時間ほど出席して、その足で松山空港へ。懇親会で食べる時間がなかったので、空港のレストランへ。ところが既に閉まっている。土産屋にて「じゃこ天」を購入し、これを肴に待合室にて生ビールを飲む。羽田空港から京浜急行、JRにて帰宅。

11日(金)、朝8時から民主党総務部門の情報通信WT。国際競争力について。10時から新事業創出戦略委員会。3つのプレゼンと自由討議。議論の方向性が少し明確になってきた。午後、スマートハウス関連の打ち合せ。午後2時半からグローバル展開懇の案件形成WG。
 その最中に地震発生。総務省のビルが船のように揺れ続ける。ブラインドとスライド投射用のスクリーンが不気味に音を立てて揺れ続ける。が、皆さんのご協力を得て何とか会議を終える。テレビをいると想像以上の大災害であることがわかる。仕事がなかなか手につかず。交通機関が完全に麻痺。夜11時頃だったか有楽町線が動き始めたので桜田門から飯田橋へ。都営大江戸線に乗り換える。ところが一駅ごとに前の電車がつかえていて15分くらい待つ。ようやく東新宿に到着して西武新宿線。こちらは既に終電時刻も過ぎているのに、急行も各停も動いていてビックリ。ハローワークが開放されていて、暖かいお茶などが提供されている。家に辿り着いたのは1時頃だった。

12日(土)、朝からテレビをみたりインターネットをしたり。途中、近くのスーパーで買い物。長蛇の列。午後も本を読んだりテレビをみたり。余震続く。

13日(日)、朝ジョギング50分6.4km。昼、近くのレストランに。午後、自宅にて節電しつつ読書。