タニワキ日記

情報通信技術(ICT)関連のコラムです。記事は筆者の個人的見解です。

週刊タニワキ(5月9日)

2日(月)、GWの狭間なので定例の会議はなし。午前は雑用をこなすとともに、今後の段取りについて幹部に説明。午後、審議会関連の資料を作る。今後の段取りについて別の幹部に説明。午後4時半から内閣官房で打ち合せ。オープンガバメントなどについて連携して取り組んでいくことになった。夜、地域活性化懇などの議論の方向性等について議論。

3日(祝)、朝の電車で富山に向かう。到着は2時半頃。ライトレールに乗車。途中で降りて徒歩で鯰温泉へ。このあたりの分譲地の看板「坪7万円から」に度肝を抜かれる。海から近く、日本海地震があると津波が来るんじゃないかなぁと思っていたら、温泉の宿泊棟(4階立て)に「津波避難施設」の看板が。温泉そのものは熱めで質も良い。施設自体は田舎のひなびた温泉という趣。特段の施設があるわけでもないが満足。タクシーを呼んでもらってカミサンの実家まで。しばらく時間を潰した後、市内の居酒屋に。twitterで教えていただいたお店にしようかと思ったが、満席でダメ。タクシーの運転手さんに教えてもらった界隈で適当に探す。白エビなどを食べる。美味。節電していないのが印象的。

4日(祝)、朝6時に起きて呉羽山までジョギング。60分5.3km。緩い山道を上り頂上まで。市内が一望できる。下って麓のお寺さんの五百羅漢。表情が一体ずつ違う。この界隈には、他にも売薬博物館やら陶芸館がある。10時過ぎから義父の四十九日の法事。親戚が集まる。読経。終わってマイクロバスで墓地。納骨。その足で市内の料理屋「五万石」に向かう。このお店の支店は東京にもある。午後、実家にて休憩。夜、市内のお寿司屋へ。とっても高かった。

5日(祝)、朝7時起床。富山駅までジョギング。35分4km。10時前にタクシーで温浴施設「満天の湯」へ。2時間ほど滞在した後、市内の商店街に。シャッター街と化している。大和でパートのトンカツ屋さん。美味。午後2時過ぎの電車で東京に戻る。7時頃中野に到着。富山で買ってきた白エビ寿司を食べる。

6日(金)、連休の合間で朝の電車はそれほど混んでいない。クールビズにしてみたが、寒くて職場でカーディガンを着て仕事をする羽目に。午前中は溜まった新聞記事を読み、メールの処理。午後、審議会関連の資料作り。来客1件以外は静かで資料作成が進む。夜、自宅にて餃子を作る。

7日(土)、午前はネット上をウロウロ。録画しておいたNHKスペシャルやら映画「クイーン(Queen)」をみる。昼、ミンミンで餃子やらエビマヨを食べる。午後、映画「君に読む物語(The Notebook)」を見る。泣けた。読書。夕刻、近所の銭湯「一の湯」。露天風呂でボーッとする。夜、お好み焼きなど。

8日(日)、朝ジョギング45分6.4km。その後、久しぶりに鷺宮体育館まで自転車で行き、水泳平泳ぎ45分1kmと水中ウォーキング。水泳の最中に「あの資料はそんな段取りで行こう」と思いつく。自宅に戻り、録画した上方漫才大賞をみる。昼、中野北口の蕎麦屋「さらしな」。二八蕎麦など。戻って読書。夜、母の日ということで実家に電話。ピザなどを食べる。