タニワキ日記

情報通信技術(ICT)関連のコラムです。記事は筆者の個人的見解です。

週刊タニワキ(12月5日)

28日(月)、朝8時から経団連会館にて総務省経団連の懇談会1時間に陪席。職場に戻り、定例の週初めの会議。来客。IPv6などについて意見交換。午後、別の来客。社会インフラのビッグデータ化について。その他、来客数件。会議に関連して幹部説明2件。夜、外苑前界隈にて懇親会。昭和政治史の裏話をあれこれ伺う。

29日(火)、午前は細かい打ち合せ数件。来客1件。ICT利活用プロジェクトのアジア・アフリカ展開について。ハードではなく人が中心になったプロジェクトでないと成功しないと痛切に感じる。引き続き支援。午後、散発で細かい打ち合せが入る他は資料整理など。夜、大久保のIT健保会館へ。3年前はなかった綺麗なビルでびっくり。友人と中華料理を食べながらよもやま話。

30日(水)、朝9時から定例の会議。午前は資料の読み込み。午後、税制関連で幹部説明2件。来客数件。いわきのプロジェクトについて相談する。具体的に動いて行けるように支援。夕刻、官邸にて行政刷新会議。神田に移動して医療情報化を肴に飲み会。いろんな分野の皆さんが集まる。医療情報化が進まない「本当の理由」についてお話を伺う。

1日(木)、午前来客。1月の講演会のテーマについて打ち合せ。午後、慶應三田キャンパスにて講義。1時間半いっぱいかかって語りきれず。就活解禁の日であり、学生の数は少ないものの、熱心に聴いてもらう。クラウド電子政府、医療情報化などについて。職場に戻りインド展開の打ち合せ。夜は特に予定なく、そのまま帰宅。

2日(金)、朝10時に来客。放送コンテンツの海外展開について。震災報道の韓国と中国の違いなどについて伺う。興味深い。午後、パッケージインフラの海外展開に関する関係府省の打ち合せ。来客数件。夕刻、定例の会議。夜、新宿にてDC時代の知人等と居酒屋で懇談。

3日(土)、豊島園に赴き映画「タンタン」をIMAXでみる。場面転換が忙しく、3Dだと目が疲れる。この映画は2Dで観た方が良い。映画それ自体は本の雰囲気をよく反映していて、モーションキャプチャーも成功している。ただし、ハリウッド的なチェースシーンが多過ぎて、原作の雰囲気から離れている。終わり方も次作につなげる終わり方でやや興ざめ。映画館を出て、近所の回転寿司でランチの後、「庭の湯」で温泉。映画館の半券を見せると200円引き。極楽。

4日(日)、朝ジョギング10kmを1時間11分で。新青梅街道は銀杏がすっかり色づき、風に葉っぱが待っていて美しい。午前、小林正樹監督の「切腹」を観る。一部の隙もない名作。橋本忍脚本。素晴らしい映画だった。昼、カミサンと中野駅近くの中華。午後、映画「Railways」。中年のおじさん、おばさんにグッとくるであろう映画。まずまず。談志の落語を聴いたりする。