タニワキ日記

情報通信技術(ICT)関連のコラムです。記事は筆者の個人的見解です。

週刊タニワキ(10月22日)

15日(月)、朝4時前に目が覚める。新書一冊読み終える。10時から定例の会議。午前は雑件でバタバタ。午後、教育情報化関連の幹部説明。その後、ソーシャルメディア関連の人材育成の打ち合せ。週末の仙台での講演資料の検討。夜、赤坂のベトナム料理で知人と飲む。ベトナムどぶろく。効く。

16日(火)、朝7時半から麹町で開催された勉強会でプレゼン1時間30分。職場に戻り、午前は電子行政関連など打ち合せ数件。午後、MVNO関連で来客。別の来客。震災の際の医療現場の知のデジタル化プロジェクト。夕刻、幹部説明。防災関連の制度見直しの打ち合せ。夜、赤坂で知人と会食。遅れて参加。参加者の皆さんのパワーに圧倒される。

17日(水)、9時半からマイナンバー関連の打ち合せをみっちり1時間。頭が整理できた。その後、拙著を読んでいただき手紙をいただいた方が来訪。意見交換。別件。昼休みにかけて法解釈について1時間議論。午後、石巻在宅医療関連の打ち合せ。これもとても勉強になった。夕刻、赤坂のセミナー会場で1時間15分講演。その後、関係者との意見交換など。雨が激しく降っている。

18日(木)、午前は打ち合わせ数件。午後、来客数件。日本弁理士会にて講演45分。職場に戻り、フューチャースクール研究会。小学校は相当良い成果が出ている。夜、表参道にて霞ヶ関在住のゼミ仲間3名と食事。T君持ち込みの日本酒旨し。歳とったなぁという話が中心。

19日(金)、朝5時起床。6時半の新幹線で仙台へ。途中、大宮付近で冠雪した富士山が綺麗に見える。昨夜の雨でガスが流されて空気が澄んでいるようだ。

9時。仙台到着。車で石巻へ。ICTを使った効率的な在宅医療を展開している祐クリニック石巻を訪問。システムを見せていただきながら、お話を伺う。その後、かめ七呉服店でご主人とおかみさんと話をする。いつもながら、美味しいお茶をいただく。復興マルシェで石巻焼きそばを食べる。

その後、石巻市役所にて打ち合わせ。いよいよ具体的に進み始めた高台移転に伴う地デジ対策、在宅医療情報化、災害情報共有システムなど。市内のがれき処理は進んでいるいうが、なかなか大変そう。

ここは原っぱではない。家があり、暮らしがあったのだ。

仙台に戻り、県庁にて打ち合わせ。その後、東北大学メディカルメガバンク機構にて打ち合わせ。東北総合通信局にて復興支援室のメンバーから最近の状況について話を聴く。終わって、その近所のお店で酒を飲みながら、引き続き議論。

20日(土)、仙台市内をジョギング。軽めに5.3km/35min。駅近くのホテルからICT+ERAの会場まで歩いてみることに。青葉通りをひたすら歩く。30分ほどで東北大萩ホールに到着。ん?ここが会場なのか?と思ったら、ドロイド君が歩いていたので、あ、ここだここだということで。午前2時間の講演を聴く。昼、控え室で石巻のサンマの塩焼きのお弁当をいただく。午後、丸山先生の講演。灘高の生徒2名のプレゼンがぶっとぶほど素晴らしいものだった。

私の出番は午後2時15分から30分間。「震災復興と情報通信技術」というテーマで、情報の重層化、情報の連携、プロジェクトの維持可能性の3点について具体的なデータを使いながらお話させていただいた。再び徒歩にて駅まで向かう。駅にて、いつものように牛タンとえんがわ寿司を購入。実はもっと遅い便を予定していたが、4時半頃のやまびこに。仙台発の自由席。空いている。ビールなどを飲んでウトウトしているうちに東京到着。

21日(日)、朝ジョギング6.0km/41min。録画しておいた「梅ちゃん先生スペシャル」後半と「孤独のグルメ2」を視聴。午後、ポレポレ東中野という映画館にてドキュメンタリー映画生き抜く〜南三陸町人々の一年」を観た。
※  ※  ※
この映画は震災発生から1年あまり、南三陸町の人々の姿を丹念に追ったもの。毎日放送の制作。画面がとても透明で臨場感がある。しかもナレーションを入れなかった効果が大きい。南三陸町の人々の「生かされてしまった」哀しみを丹念に追っている。人々と取材側との間の信頼関係が画面から伝わる。放送局がこうしたドキュメンタリーを作り、映画館で上映するというのは一つの新しい形かも知れない。上映後、本編の森岡紀人監督とベテランの青池憲司監督との対談があった。青池監督はこうした映画こそテレビで流すような努力が必要だと強調。森岡監督はそれはかなり難しいのが現状だと答える。これまでは見える復旧だったが、持てるものと持てないものの格差が大きい。これからは復興のプロセスが見えにくいが被災地の苦悩は確実に深まって行く。これをどうドキュメンタリーとしてとらえていくのかという点で両監督の意見は一致していた。対談の最後に、館内の年配の方から手が上がった。「私たち(一緒に来ていた7〜8名)はみんな南三陸の出身です。このような記録を作っていただいて本当にありがとう」と。必見の素晴らしい映画だと思う。次の回の上映の列に知人がいたのでビックリ。
※  ※  ※
映画館から島忠に回り、パンジーなどを購入。家の玄関回りの草木のお手入れ。終わってビール。トンコツスープの鍋。美味し。週末歩いて走って疲れが溜まったのか、午後6時過ぎに寝落ち。9時には就寝。