タニワキ日記

情報通信技術(ICT)関連のコラムです。記事は筆者の個人的見解です。

週刊タニワキ(2月25日)

18日(月)、朝10時から定例の会議。午前は人材育成など打ち合せ数件。午後、認証フェデレーション関連の資料を読み込む。認証関連は奥が深い。その他、断続的に打ち合せ。夜、赤坂見附にて知人と会食。中華料理。選挙の実態についてあれこれお話を伺う。

19日(火)、午前はインド関連案件で来客。午後にかけて打ち合せ数件。グリーン、健康、人材、セキュリティ、教育など。米国からのお客様。電子行政などについて意見交換。政府CIOの果たすべき役割などについて。その他、今週後半の出張に向けての資料準備など。

20日(水)、朝9時から定例の会議。9時半、来客。10時、米国からのお客様。と思いきや名刺を拝見すると事務所はパリ。昔住んでましてね、といった話をしたらニコッとして、その後の話が弾む。内容はサイバーセキュリティ関連。午後、浜松町にてグリーンICT関連の打ち合せ。職場に戻り、断続的に打ち合せが入る。その後、秋葉原へ。打ち合せの後、パネル討論。UDX2階のアトリウム。パネラーの席からガラス越しに外が見えるのだが、JRが往来しているという少し変わったシチュエーション。クラウドサービスの今後について1時間強の討論。終了後、本日のイベントの主目的である研究開発成果を見せていただく。その後、近くで懇親会。帰路、秋葉原駅にて人身事故の影響で総武線が止まっている。東京に出て大手町経由で東西線にて帰宅。

21日(木)、朝7の新幹線で大阪へ。打ち合わせを兼ねたランチ。その後、中之島セミナー会場へ。電子行政を中心にICT政策について基調講演45分。その後、パネル討論のコメンテーター。5時セミナー終了。関西国際空港に向かう。線路点検の影響でダイヤがかなり乱れている。フライト時刻の40分前に空港到着。7時半のフライトで那覇へ。10時頃到着。暖かい!コートを脱ぐ。ゆいレールでホテルへ。11時前。近くのコンビニでそうめんチャンプルーや泡盛を調達し、部屋で独り飯

22日(金)、那覇は晴れている。津梁パークに向かう。沖縄県沖縄県情報産業会等の関係者の皆さんと意見交換。アジアのゲートウェイとしてICTを軸とした産業振興と雇用創出を目指している。北部振興のためのブロードバンド網整備もこれから進む。昼、那覇市内にて沖縄そばを食べる。

その後、セミナー会場へ。1時半開始。基調講演40分。その後、医療(NTT東日本)、教育(宮古島市教育委員会)、観光(伊江村)の3つのプロジェクトについてプレゼン。その後、1時間弱のパネル討論に参加。宮古島市のプレゼンで、ICTは手段であり解決すべき課題の明確化が必要、人が変わっても継続される仕組み(チーム)づくりの重要性に触れられる。重要なポイント。
 夜、セミナー関係者で懇親会。伊江村の方から民泊事業についていろいろと伺う。一般の家庭に一泊二日で中学生や高校生を受け入れる民泊。夜遅くまで受け入れ家庭と子供達が話し合い、翌日には子供達が生まれ変わったように帰っていくという。化粧をしていた高校生が翌日には化粧をしなくなったり、お別れの時には泣きじゃくるという。帰った後も、大学の卒業旅行や家族をもった後にも伊江島を訪問する。本部町から船で30分という距離で子供達が船酔いしない、それでいて離島としての特性を備えていること、もてなしたいという島民の思いなどがうまく噛み合った事業。民泊の受け入れ家庭は儲かることはない。また、民宿との切り分けもうまく行われているという。大変印象的。

23日(土)、日の出の時間を調べると7時少し前。東京より約30分遅い。6時過ぎにジョギングに出る。国場川下流の満湖沿いのジョギングコースを往復。ここはラムサール条約の登録湿地であり、マングローブが繁茂している。その後、市の繁華街へと向かい、国際通りを往復。このあたりで日の出。公設第一市場の辺りまで10.5km / 1h15min。暖かいので走るのが楽(下の写真はジョギング中の国際通り)。

 沖縄の料理を食べたいので、きょうはホテルのバイキング。満足。11時半のフライトで帰京。3時前に霞ヶ関の職場に到着。2日半の間に溜まったメールや資料の処理、原稿の推敲など。6時過ぎに帰宅。

24日(日)、朝ジョギング。左足のモモのあたりに疲れを感じるので軽く4.0km / 29min。中野は寒い。カミサンが起きる前に焼きそばを作る。新宿へ。映画Zero Dark Thirtyを観る、観客先は3分の1程度の入り。淡々とした佳作。帰宅して本を読む。