タニワキ日記

情報通信技術(ICT)関連のコラムです。記事は筆者の個人的見解です。

週刊タニワキ(5月7日)

30日(火)、GWの狭間の出勤。午前は打ち合せ1件の他、溜まりに溜まった書類の整理。午後、来客1件。その他、名刺やメールの整理。来週の講演資料やら打ち合せ資料の作成。

1日(水)、休暇に突入。大学4年の息子と二人で熱海へ。東海道線快速アクティーで1時間40分。昼過ぎに到着。駅そばの寿司屋で伊豆定食。バスでMOA美術館。雨が降ったり止んだり。宿泊先のKKR熱海へ。露天風呂を満喫。夕食も満足。

2日(木)、朝ジョギング。7.6km / 1h4min。国道を湯河原方面に上って行く。上り道ではあるが、結構アップダウンもあって走りやすい。舗道の途切れるあたりまで走って引き返す。今度は坂道をくだって港の手前まで。爽快。朝食を済ませた頃にはかなりの雨。熱海港へ。
 船を待っている間に青空に変わってくる。ボーイング社製の高速艇で揺れること無く伊豆大島に45分で到着。岡田港からバスで三原山山頂。ここから火口まで片道40分のトレッキング。かなり汗をかく。火口そばは360度の視界が開け、素晴らしい眺望。

 来たルートを戻り、バスを待つ間に食事。アシタバの天ぷら。バスで三原山温泉。ここの露天風呂は眺望が素晴らしい。

 再びバスで港まで戻り、海岸を散策。海は透明度が高い。

見上げる山の上で野生の猿が木から木に飛び移っているのが見える。4時40分の高速艇で東京まで一気に戻る。この高速艇、海面からやや浮かんで疾走する。時速80キロで東京まで1時間45分。竹芝桟橋着。

3日(祝)、朝8時前の新幹線で東京から福山に移動。福山で車を借りて尾道へ。尾道市内のラーメン店「壱番館」で行列に並ぶ。尾道ラーメンの店はどこも凄い行列。30分くらいで店内に入る。外は風が冷たかったので、店内でホッと息をつく。ラーメン美味。優しい味。

その後、映画資料館やロープウェイで山頂に上がったりして散策。どこに行っても大変混んでいる。夕刻、尾道から瀬戸内自動車道に入り大島へ。石文化交流間という全く知られていない公共施設で実は宿泊もできるということで一泊2,500円。晩御飯は車で喜多寿司。アルコールが飲めないのがつらい。お店から車で15分くらいのコンビニまで足を伸ばし、お酒を購入。宿で飲む。

4日(土)、大島にてジョギング。ただし、坂が多く4.3km / 45min。とはいえ、素晴らしい朝焼けを見ることができた。

 子供達が見たことがないということなので村上水軍の記念館へ。その後、大島から今治経由で松山市内へ。母の入居している介護施設。1月に見た時よりもずいぶん元気になっている。施設の責任者の方と今後の方針について意見交換。車椅子の母を連れて市内の姉の家へ。甥っ子家族も一緒に食事。宿泊先は市内のホテル。GWで混んでいるらしく、普段は宴会場として使っている16畳くらいの部屋に畳を無理矢理敷いて「部屋」にしている。でもお値段は安く、一泊3千円。

5日(日)、朝、松山市内でジョギング。5.0km / 46min。お堀端や城山公園、一番町あたりを徘徊。母の介護施設を昨日に続いて訪問。iPad miniのインカメラで自分の顔を動画に撮って見せると手を叩いて喜ぶ。「また帰ってくるからね」ということで施設を出発。伊予西条で小休止。大学4年の息子の生まれた町を見せてやろうということで。25年前に勤務していた西条郵便局は当時のまま。懐かしい。でも局の前の道は全く変わっていた。西条高校の周辺はツツジが満開。とても美しい。

 当時住んでいた家は「日本郵便管理資産」の看板がぶらさがっていた。時は過ぎる。さて、徳島道経由で淡路島へ。慶野松林に到着。何とも素晴らしい夕焼けを見る。

6日(祝)、朝6時過ぎに起床。海沿いを軽目のジョギング3.5km / 29min。朝食のあと、五色のスポーツ施設でパークゴルフ。ちょうど大阪の高齢者御一行がゲームを始めた直後で、「お兄ちゃん、それルールちゃうで」などと教えてもらう。その後、イングランドの丘なる施設に立ち寄ってコアラの赤ちゃんを観た後、一路、新神戸に向かう。故障車両による渋滞などで大きく遅延。駅前も凄い混雑。余裕を持って行動したのは正解。5時過ぎの新幹線にて帰京。