タニワキ日記

情報通信技術(ICT)関連のコラムです。記事は筆者の個人的見解です。

週刊タニワキ(6月17日)

10日(月)、朝9時半から定例の会議。10時半、来客。電子行政システムについての意見交換。オープン化とコスト削減。午後、来客3件。夜、大手町にて日経・総務省の共催の世界ICTサミットのレセプションに出席。ロビオの方がアングリーバードのパーカーを着て手持ち無沙汰の様子だったので、あれこれ話をする。アングリーバードのでかい縫いぐるみまで持ち歩いている。

11日(火)、午前は経団連ビッグデータ関連の打ち合わせ会に出席。オープンデータ、知のデジタル化、M2M、パーソナルデータ等について35分プレゼン。その後、1時間程度意見交換。参加されている皆さんの業種が多岐にわたっていて大変勉強になった。午後、某ベンチャー企業の方と意見交換。BPMと組み合わせれば電子行政システムに活かせるかも。その後、パーソナルデータ研究会の最終会合。報告書を取りまとめていただく。夜、赤坂にてモバイル系の方と意見交換を兼ねて食事。とくにベンチャー企業の育成について有益な示唆をいただいた。

12日(水)、朝9時から定例の会議。10時から文部科学省の学びのイノベーション推進協議会に出席。現場の取り組みについて意見交換。有益。午後、来客1件。打ち合わせ数件。来週以降のプレゼン資料を何種類か作成。夜、赤坂にて知人と会食。

13日(木)、朝起きて愛媛新聞用のコラムを書く。午前は来客1件の他、溜まっている資料を読み込む。午後、来客2件。偶然、二組とも四国から。午後4時から渋谷にてオープンデータ流通コンソーシアムの総会。今日もK先生のお話はとっても元気が出た。終わって新橋に戻り、「宇和島」というお店で知人と意見交換。

14日(金)、職場経由で10時過ぎに幕張メッセに向かう。IMCのセッション「超高齢社会×ICT」でMRI中村さんと対談。思った以上に観客の数が多く、この分野への関心の高さが伺える。セッション全体で40分とコンパクト。空き時間に会場内を見て回る。デジタルサイネージが面白い。波打つサイネージ、透過型サイネージ。SDNのコーナーも昨年に比べて大幅に拡充していた。熱気あり。昼は「メッセ名物」と根拠なく書かれたドライカレー。美味。午後、Interopのセッション「新政権の通信政策」。村井慶應大教授、橋本衆議院議員、小生。モデレータはクロサカ氏。当初予定していたシナリオとは全く異なる進行で90分。でも面白い議論だった。

終わって虎ノ門まで移動。TCAの懇親会に出席。いったん職場に戻った後、日比谷の酒場で関係府省の皆さんと飲み会。

15日(土)、朝8時に職場到着。昨日のメールチェックと英語原稿の校正。昼前に六本木へ。韓国ミュージカル「シングルス」を観る。演技力と歌唱力があり、面白い!帰りにがってん寿司でランチ。自宅にて一週間分の「あまちゃん」視聴。夜、子供達も来て父の日の食事。赤ワインとチーズをたくさん買って来てくれたので、それをメインに。

16日(日)、朝から雨が降っているが、コンビニのレインコートを着てジョギング。10.0km / 1h16min。レインコートのせいで体温がこもって走りにくい。昼、中野セントラルパークにて前から気になっていたパンケーキのお店。なかなか美味。

自宅に戻りiTSで映画「アルゴ」。後半は身を硬くして息を潜めながら。とても良い映画。コリン・ジョイスの”「アメリカ社会」入門”を一気に読み終える。ニューヨークに住む英国人の話。"Thank you"というと"Sure"と言われて驚く話など。面白い。夜、八重の桜で涙、涙。