タニワキ日記

情報通信技術(ICT)関連のコラムです。記事は筆者の個人的見解です。

タニワキ日記(12月14日)

 7日(月)、朝10時から定例の会議。11時に内閣府で打ち合わせ。午後、重要インフラ事業者による分野横断演習を実施。今年は東京会場、大阪会場、自職場参加を合わせて約1100名、昨年の約3倍の参加者。遠藤大臣にも視察いただく。夕刻、人材育成の会議。終了後に分野横断演習の会場に戻り、有識者によるコメントなど本日の振り返りを実施。夜、知人と飲みに行く。口内炎と歯痛、肩こりが酷い。

 8日(火)、口内炎が痛い。午前は米国からのお客様。午後、奥歯の痛みが酷くなる中、新幹線で京都へ。京都リサーチパーク内にある京都大学デザインスクールにて講演1時間15分。質疑応答15分。終わって近くの居酒屋で意見交換会。おいしそうな料理がたくさん出てきたが、奥歯の痛みで食べられない。焼酎の水割りを飲む。「富乃宝山どす」と言われて、京都にいるんだと実感。駅に向かう途中のタクシーで運転手さんから「意外だけど、観光客の少なくなった今が紅葉を見るのにベスト」と聞く。暖冬の影響もあるのだろう。取るものも取りあえず「生八つ橋」を買って帰る。

 9日(水)、喉が平常の2倍程度に膨れていて痛い。たまらず近くの病院へ。「あちゃー喉の奥が真っ赤ですねー」ということで4種類の炎症を取る薬を処方される。来客1件。午後、断続的に打ち合わせが数件。終わって急いで銀座線で渋谷へ。久しぶりのオーチャードホールKing Crimsonのライブ。Fripp師匠も静かで味のあるギターさばき。間違いなく今年一番の質の高いライブ演奏。しかも主だった曲は全て演奏してくれた。値段は高かったけれど大満足。

 10日(木)、午前は幹部説明1件と昨日午後に来たメールの処理など。午後、打ち合わせ数件。夜、赤坂のパーティー会場でNISCの忘年会。結婚式の2次会のような雰囲気。

 11日(金)、ようやく喉の腫れから来る奥歯の痛みが取れ、口の中の両側で物を食べられるようになった。ありがたい。午前は打ち合わせ1件。午後、来客1件と部内の会議1件。夜、高円寺の寿司屋で霞が関界隈の中央線沿線在住者の飲み会。夜になっても暖かいので、歩いて家に帰る。意外と遠かった。

 12日(土)、朝10時に散髪。「散髪してきた」と言ってもカミサンから何のコメントもなされなくなって久しい。近くの病院を再訪し、インフルエンザの予防注射を遅ればせながら打ってもらう。昼、ハヤシ屋中野荘でオムカレーを食べる。午後、ひたすら溜まった録画ビデオを視聴。ついでにTBSオンデマンドで「マツコの知らない世界」を視聴。

 13日(日)、「雨になる前に」と気合を入れて走りに出る。最初は体がやや重かったが、途中から軽くなって走れる。ジョギング10.0km / 1h23min。早稲田の甘泉園に久しぶりに立ち寄ってみた。紅葉が水面に映って美しい。しかも誰一人いない。都会の喧騒から離れて暫くほうける。

 朝食の後、東京国立近代美術館へ。中野からだと東西線一本で行けて便利。藤田嗣治戦争画を一挙に展示してある。戦争初期は色彩が明るいが、戦争末期になると画面全体が茶色で血の色も茶色。モノトーンであることで却って戦争の悲惨さが浮かび上がる印象。その他の収蔵品の展示もわかりやすく手際よい。3年前のリニューアルで展示がすごく見やすくなった印象がある。丸の内線に乗り換えて新宿。ビックカメラiMacのMagic Trackpad 2を購入。Padの面積が大きくなって使いやすい。歌舞伎町の外れにあるゴーゴーカレーを食べて帰宅。午後、本を読む。