タニワキ日記

情報通信技術(ICT)関連のコラムです。記事は筆者の個人的見解です。

タニワキ日記(1月25日)

 18日(月)、午前は定例の会議2件。午後、虎ノ門ヒルズでオリパラ関連の会議。知っている関係者が多い。その後、断続的に打ち合わせが続く。夕刻、明日の予算委員会の質問が当たる。答弁資料作成に時間がかかり、予定していた懇親会に出席できず。作業は夜中までかかる。

 19日(火)、午前は幹部説明1件と打ち合わせ数件。昼、永田町にて法案関連の会議。途中で失礼して院内で対応。午後、幹部説明1件。その他、打ち合わせが続く。

 20日(水)、午前は来客1件。午後、永田町にて打ち合わせ、幹部説明2件などが続く。夜、知人と赤坂の韓国料理屋で懇親。楽しい時間を過ごす。

 21日(木)、2月に開始されるサイバーせキュリティ月間の報道発表。今年のポスターは攻殻機動隊とのコラボ。午前から午後にかけて永田町にて幹部説明2件。午後、重要インフラ関連の打ち合わせ。さらに幹部説明1件。その後も断続的に打ち合わせが続く。夜、遅れてメルパルクで開催されている賀詞交換会に顔を出す。到着して30分くらいで中締めになってしまう。

 22日(金)、午前は幹部説明1件。午後、官邸にてCISO等連絡会議。夜、秘書官会。00〜01年当時に大臣秘書官をしていた同僚が年2回集まっている。次回の日時と場所を決めているのが長続きの秘訣か。

 23日(土)、朝8時の北陸新幹線で飯山に向かう。所要1時間半。駅からスキー場手配のバスで約15分。ホテルに到着。ホテルの真ん前がゲレンデになっている。快晴。10時半からスノーボードのレッスン。生まれて初めてのスノーボード。ボードの装着方法、転び方、重心のかけ方などを習い、片足で滑る感覚をつかんだら、いきなり斜面で滑る練習。2時間でヘトヘト。昼食が喉を通らない疲労感。午後も1時間半のレッスン。800メートルのコースを何とか下りきる。その傍らを子供達が見事な所作のスキー・スノーボードで追い抜いていく。とほほ。

 3時にゲレンデから引き上げてホテル内の温泉につかり、筋肉をほぐす。夜は食堂でバイキング形式の夕食。ほとんど公共の宿のような安さ。料理は唐揚げやハンバーグなどお子様向き。このスキー場のポスター数種も親子のイラストのものばかり。そのあたりの客層を狙っているんだろう。スキーのうまいカミサンの話ではリフトも待ち時間ないし、雪質も良いし、このスキー場はなかなか良いとのこと。

 24日(日)、朝からひどい筋肉痛。手足はもとより腹筋と腰も痛い。起き上がるのに掛け声がいるほど。少しゲレンデに出た後は併設の温泉プールで1km泳ぐ。25m・5コースの立派なプール。ゲレンデを見ると陽が射している。プールの後、温泉に浸かって筋肉を伸ばす。昼、カミサンと昼食。この頃から次第に吹雪に近い状態になってくる。3時半のホテルのバスで飯山駅へ。東京から近いし、その割に空いていて、雪質もよく、良いスキー場であった。帰りの新幹線。高崎を過ぎたあたりから夕焼けが美しい。車窓には夕焼けに映える富士山が見えた。