タニワキ日記

情報通信技術(ICT)関連のコラムです。記事は筆者の個人的見解です。

タニワキ日記(6月20日)

 13日(月)、朝8時半から官邸にてサイバーセキュリティ戦略本部。年次報告、年次計画(案)、改定された統一基準(案)などの決定。その後、週初めの定例の会議2件。午後、朝の戦略本部について記者ブリーフィング。来客2件。夜、有楽町にて知人と会食。久しぶりのもつ鍋が美味。

 14日(火)、閣議の後に各府省の人事が公表される。私は古巣の情報通信国際戦略局へ。午前は来客2件。昼、総務省にて打ち合わせ。午後、打ち合わせ2件。幹部説明1件。夜、オフィスのすぐ近くのパブでNISCの暑気払い兼送別会。NISCの3年間を振り返ってスピーチ。いろいろな事があった。

 15日(水)、朝9時からオリパラ関係の打ち合わせ。10時から会議。午後、来客。急に振られた来週の海外出張の準備でバタバタ。午後4時から重要インフラ専門調査会。最後に離任のご挨拶をさせていただく。午後6時半からキャピタル東急にて山口英先生のお別れの会。すごい人の数。日本のインターネット関係者が全部入るんではないかというほど。知った顔が多数。私も途中で砂原先生の呼び出されてNISCを代表してのご挨拶させていただいた-----"NISCはこの3年で職員数が80名から160名に増加し、サイバーセキュリティ基本法という枠組みも作った。しかし、GSOCにしてもCEPTORにしても、枠組みは全て英先生が作った。そのDNAを活かし、更なる体制強化を図っていくことが、残されたNISCのメンバーの役割だと肝に銘じている”という話をさせていただいた。

 16日(木)、部屋の片付け終了。荷物が少ないので周りの人たちが驚いていた。3年前に総務省からNISCに異動する際に私物は全て捨てるか自宅に持ち帰り、身軽にした。プチ断捨離。午前11時から霞が関ビルにて15分のみのプレゼン。午後、総務省にて打ち合わせ。夕刻、来客2件。夜、別館ビル内の送別会を赤坂のお店で。夜、雨。

 17日(金)、朝9時、官邸で辞令をいただく。NISCから総務省情報通信国際戦略局へ。午前は内閣官房内の挨拶回り。午後1時半過ぎ、内閣府別館から総務省に移動。NISCの皆さんが見送りをしてくれ、花束までいただく。午後2時過ぎ、今度は総務省にて辞令交付。その後、警察庁防衛省に挨拶回り。午後4時から総務省にてICT街づくり懇談会。4年前と比べて部分的にせよ施策が進んでいるのがわかる。その後も打ち合わせなどが続き、9時過ぎまでかかる。

 18日(土)、新幹線で新白河へ。ここで車を借りて「塔のへつり」経由で大内宿へ。江戸時代の宿場町の様子をそのまま保存していて素晴らしい。ねぎそばを食べる。ねぎが箸のかわり。美味。

その後、会津若松市に入り、カミさんが訪れたことがなかった鶴ヶ城を散策。リニューアルされた野口英世記念館の展示を見た後、裏磐梯ライジングサンホテルに向かう。スキーのオフシーズンということもあり、宿泊費は格安。源泉掛け流しの温泉につかり、忙しかった一週間の疲れを流す。格安の料金プランなので料理には期待していなかったのだが、こちらも大満足。酒「末廣」うまい。

 19日(日)、朝4時起床。昨日訪れた野口英世記念館まで車で山を降りてジョギング6.5km / 1h07min。昨日の酒が残っていて走ったり歩いたりの超スローペース。朝日の昇る猪苗代湖が美しい。

宿に戻り朝風呂を浴びる。朝食の後、五色沼へ。2年ぶりの再訪。朝早いせいか静かで美しい。

その後、今回の旅の主目的である諸橋近代美術館。ダリ好きにもかかわらず、前回の旅行で訪問する時間が取れず後悔していた美術館。展示堪能。ダリの彫刻が多数展示されているのが特徴。映画「アンダルシアの犬」も初めて全編を視聴。

リステル猪苗代のラベンダー畑や鏡石町の田んぼアートや菖蒲園を見た後、泉崎カントリービレッジの温泉に浸かる。単純アルカリ泉の源泉掛け流しでヌルヌル感がハンパない。素晴らしい泉質を堪能。新白河で車を返して各駅停車の新幹線で帰京。