タニワキ日記

情報通信技術(ICT)関連のコラムです。記事は筆者の個人的見解です。

タニワキ日記(8月8日)

1日(月)、午前は定例の会議2件。午後、来客数件。打ち合わせも少なく静か。夜、西麻布にて知人と会食。

2日(火)、内閣府にて遠藤大臣ご出席の下、ユニバーサルデザイン2020の会議。検討結果の取りまとめ。その後、院内にてご挨拶など。午後、来客数件。11月の講演の打ち合わせなど。その後、永田町にて挨拶回り。夜、知人と会食。肉料理。

3日(水)、早朝に筋トレ。4日連続で疲れが溜まっているのを感じる。総務大臣はご留任。9時から定例の会議。午後、本郷にて打ち合わせ。夕刻、SDN関連の打ち合わせ。その後、永田町にて打ち合わせ。夜、前の職場関連の会合。

4日(木)、本日は筋トレ中止。体が軽く、資料作りに精を出す。数件の来客あり。後は資料作成など。局内の仕事について頭の中に整理する作業。夜、”ゆう活”を活用し早めに神宮球場に向かい、広島ヤクルト戦。結果は負け。私が観戦すると負けるような気がする。とはいえ、球場は風がそよそよ吹いていて心地よかった。

5日(金)、昔からの知人来訪。パーソナルデータ活用の面白い取り組みをしており、とても参考になる。午後も断続的に打ち合わせが続く。新しい副大臣政務官が初登庁される。夜、御茶ノ水にて郵政省同期会。”どこの接骨医が良い”など、やはり健康の話で盛り上がる。

6日(土)、二日休んだ筋トレ再開。午後、東京ビッグサイトにMakers Faire Japanを見に行く。手作りロボットやらロケット、家族でブースを出している人たちもおり、makersムーブメントの熱気を感じる。何よりマイコンやセンサーの価格がとても安くなっているのに驚く。これなら子供がお小遣いを貯めてモノ作りができる。関係者との意見交換したが、そうした事実をもっと多くの人に知ってもらう努力を続けることが必要だと感じる。また、こうしたムーブメントは地域の課題解決に活かせるのではないだろうか。さらに、プログラミング教育とmakers系のモノ作りを組み合わせることが重要だと感じた。下の写真のロボットは別の場所の子供の動きに合わせて動く。よく見ると部品の点数はとても少ない。

7日(日)、5時前に起き出してジョギング5.0km / 44min。その足で筋トレ1時間。新宿のTOHOシネマズにて”シン・ゴジラ”を見る。内閣官房にいたので官邸内の模様とか出てくると気になるが、なかなかリアルに作られていて、スタッフの動き方や各役職の発言内容なども現実に近い。シナリオそのものもよく練られていて納得感がある。これは単なる怪獣映画ではない。思うところ多数。良い作品であった。

映画館を出ると、ひたすら暑い。自宅に戻り、掃除と洗濯をした後、冷房の効いた部屋でひたすら読書。