タニワキ日記

情報通信技術(ICT)関連のコラムです。記事は筆者の個人的見解です。

タニワキ日記(5月8日)

1日(月)、成田空港に向かう。第2ビルの先端部分は和のテイストのソファーなどが多数並んでいて心地よい。マレーシア航空で一路クアラルンプールに向かう。結婚30周年ということで。機内で米映画"Hidden Figures"と日本映画"超高速参勤交代リターンズ"を視聴。前者はNASAを支えた3人のアフリカンの女性を描いた素晴らしい映画。日本では公開されていないとのこと。非常に良い作品なのだが。機内の赤ワインはまずまず。ナビゲーションマップでメッカの方向が表示されるのが興味深い。
 クアラルンプール空港に到着したものの、入国審査は長蛇の列。1時間ほど待たされて入国。さらに、空港から市内のホテルまで約1時間。メイデイで当地は三連休のお休みの最終日。ホテル到着後、近くの飯屋でカレーと焼きそばを食べる。トータル日本円で10RM(日本円で300円)。ホテルに戻る途中、セブンイレブンでビール2缶買ったら14RM。ビールを飲んで早々に就寝。星野源のエッセイ集"そして生活は続く"読了。彼のエッセイは初めてだが、おもしろかった。

2日(火)、ホテルを午前4時過ぎに出てクアラルンプール空港に向かう。空港内ロビーはエアコンの効き過ぎで寒い。7時過ぎのフライトで北のクアラテレンガヌに向かう。機内への液体の持ち込みなど自由で驚く。飛行時間1時間弱で到着。そこから車で35分のところにある港に移動。ここから国立公園内に入るということで30RMの入園料を支払う。港から45分ほどボートに乗ってレダン島に到着。ボート同乗の観光客はほとんど中国からの観光客。暑い。海がエメラルドグリーンで美しい。ホテルまでトラクターで牽引された運搬カートのようなもので移動。山道で子犬ほどの大きさのオオトカゲを発見。ホテルに荷物を置いて、早速、海に入る。期待していた熱帯魚がいない。おじさんに聞くと、もっと南側に行ってみな、とのこと。岩場近くに行ってみると、いるわいるわ、山のように熱帯魚が群舞。小型のサメも泳いでいる。

 泳ぎ疲れてビーチで昼寝と読書。夕方、マレーシア風マッサージ。リンパマッサージに近い。夜、バイキング形式の料理。夜も読書。清武英利著"しんがり山一證券最後の12人"読了。講談社ノンフィクション大賞を受賞した作品。読み応えがあった。

3日(水)、朝6時起床。砂浜をジョギング約2km。潮が引いた直後の砂浜部分は砂が硬く締まっていて走りやすい。日の出は7時で、朝6時半頃から朝焼けが美しい。朝食の後、ボートで約20分のところにある入江まで連れていってもらうツアーに参加。ボートを係留してシュノーケリング。かなり深いが、水の透明度が高く、海底までクリアに見える。熱帯魚もすごい数だが、珊瑚がまた美しい。あっという間に1時間が経過。ホテルに戻り、昼食の後、昨日泳いだビーチから遠出。ライフジャケットを借りているので、深いところまでシュノーケリング。魚が集まってきて足にぶつかってくるくらいの数。その後はプールサイドで読書。浅田次郎の短編集"帰郷"を読了。所収の"不寝番"が秀逸。

4日(木)、砂浜ジョギング約1.4kmの後、早々に朝食を済ませ、近くの海岸で最後のシュノーケリング。朝日が海の中に差し込んできて、その中を熱帯魚が舞い踊っている。水族館の中で潜っている感じで、実に美しい。しかも朝早くて海岸で潜っている人は誰もおらず静か。この景色を独り占めできるとは贅沢。部屋に戻り荷物のパッキングをして11時にはチェックアウト。その後、ビーチで寝そべって読書。3時半にトラクターに牽引された幌車で港まで。今回はインドのムンバイから来たという家族とご一緒に。港からボートでクアラテレンガヌまで戻る。このボートがひどく揺れてかなり疲れた。空港まで旅行代理店の手配してくれた車で移動。7時過ぎの飛行機でクアラルンプールまで所要1時間のフライトで戻る。クアラルンプール空港の冷房が効きすぎていた前回の反省を踏まえ、防寒対策は万全にしていたが、予想外にそれほど寒くない。マサラを食べた後、午後11時半過ぎのフライトに乗り込む。時差1時間の日本だと午前零時を回っている。眠い。

5日(金)、機内ではひたすら眠る。機内から星空が見えた。朝7時40分に成田空港に到着。わずか千円のバスで東京駅まで移動。道路が空いていてスムーズ。東京駅から中央線で帰宅。荷物の片付け。ランチはナポリタンを作る。こういう普通のものが食べたかった。午後、昼寝をしたりTVer登録の番組視聴など。午後、買い物など。カツオのタタキを作る。これをご飯にかけてザブザブといただく。レダン島滞在時は中華系のこってり料理が多くサラダ系などがなかったので、さっぱり料理や野菜料理が嬉しい。日焼け跡が痛い。午後8時過ぎには就寝。

6日(土)、朝4時半に起床。すでに外は明るい。ジョギング7.0km / 56minとエアロバイク5.0km。日焼けした顔の皮がむけてくる。午前のうちに散髪。カミさんに「どこに切るところがあるんだ」と言われる。昼、頂きものの宇都宮餃子を焼きと茹でで食べる。美味。午後、iTSにてフランス映画""La Derniere Lecon"視聴完了。考えさせられる良い作品。旅行で移動距離が長かったこともあり、本を読もうとするのだが、すぐにウトウトしてしまう。夜、早々に就寝。

7日(日)、ジョギング6.3km / 48min。体が重く、距離が伸びない。Netflixにて米ドキュメンタリー"Casting JonBenet"視聴。米国の幼女殺害事件の真相に迫るドキュメンタリー。昼、近くの蕎麦屋で昼食。午後、ひたすら読書。恩田陸本屋大賞&直木賞受賞作”蜜蜂と遠雷”を読了。コンクールの曲が出てくると、その曲をYouTubeで聴きながら読む。一気読みしてしまった。夜、カミさんの作った鯛めしなど。今回のブログは先週の土曜から続く豪華9連休となった。これだけ連続休暇をとったのは霞が関で働くようになって初めてのこと。心機一転、仕事頑張りましょ。