タニワキ日記

情報通信技術(ICT)関連のコラムです。記事は筆者の個人的見解です。

タニワキ日記(2月26日)

19日(月)、御前は永田町の説明3件と定例の会議1件。午後、永田町の説明が続いて3件。夕刻、内閣府で開催の勉強会に出席。

20日(火)、午前はイスラエルからのお客様。昼、久しぶりに自民党本部のカレーを食べる。法案の説明など。午後、来週の講演資料の作成やら打合せなど。夜、生まれて初めての宝塚。演目は「ポーの一族」。圧倒的な女性比率にaway感。でも、隣に座られた同年輩の女性のお話だと、これでも男性比率はいつもより高いとのこと。内容的それ自体は素晴らしくよかった。これは傑作ではないだろうか、というレベル。すっかりヅカファンになりそう。観劇後、出口に同じマフラーのファンが整列していたのに驚く。なんでも贔屓の団員の出待ちだそうで。それにしても整然と並んでいるのには驚いた。

21日(水)、朝9時から定例の会議。昼、DCの知人来訪。午後、自民党の会議が2本連続して入る。夜、東大にてフィンテック関係の勉強会にてプレゼンテーション。1時間少し話をして、その後、1時間弱の意見交換。こちらも参考になるような質問をいただいて、大変勉強になった。

22日(木)、午前は米国で最近出された報告書を読み、パワーポイントにまとめる。多くの気づきが得られる報告書だった。午後、内閣官房との打合せ。その他、打合せ数件。明日の国会対応に向けて準備など。

23日(金)、衆予算委員会の分科会。何名かの議員からご質問をいただき、その対応に院内まで何度か往復。夕方、ドローン案件で来客。そのあとも部内の打合せ数件。来週の国会対応の準備など。

24日(土)、朝7時45分に東京駅八重洲口側の鍛冶橋駐車場に集合。8時発のホテルのバスで会津に向かう。途中休憩を2回挟んで猪苗代のホテルに1時前に到着。外は少し吹雪いている。カミさんはすぐにスキー場に出ていったが、私は部屋にいったん入って、その後、ホテル内のクアハウスの寝湯に浸かりながらiPhonekindle本を読む。私はスキーは全く滑れないので温泉があるところでないと困る。このクアハウスのはもちろん温泉なので、37度の寝湯に独り浸かりながらの読書が3時間。指がシワシワに。夜、ホテル内のバイキング。60分1800円の飲み放題のシールを胸に、会場内を右へ左へ駆け回る。

25日(日)、本日は快晴。ホテルから磐梯山猪苗代湖がくっきりと見える。

 スキー場に来たのだから少しはスキーにトライして見なさいよというカミさんの命令でスキー靴を履き、スキー板を借りてゲレンデへ。カミさんにスキー靴の履き方から教えてもらい、何度も転びながらフラフラと移動。1時間でほとんど滑ってないのに汗だく。部屋に帰るといったらカミさんに完全に呆れられた。部屋の荷物を整理してホテルのフロントに預けて、わたしは昨日同様、クアハウスの寝湯で読書。あぁ極楽極楽。昼、ホテル内で食事を済ませた後、2時に出発のホテルのバスで東京まで。iPadで映画「エクス・マキナ」視聴。人工知能の話。英国モンはひねりが効いていてよろしい。遅読の私だが、流石に連日のクアハウス読書で鴻上尚史著「不死身の特攻兵」読了。考えさせられるとともに、特攻に対する認識を新たにした。